インストラクターのブログ
奥山彰のオフィシャルブログ
奥山彰のオフィシャルブログトップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > アーカイブ > 2013年8月のアーカイブ

2013年8月のアーカイブ

基礎心理カウンセラー ライセンス授与式

  • 2013-08-14(水)03:18
  • 更新日:2013-08-14 03:18

 皆さんこんにちは、フィットネスインストラクターの奥山彰です。

 

昨年9月から勉強させていただいていた

日本メンタルヘルス協会の基礎心理カウンセラー、

そのライセンスの授与式が11日(日)行われました。

会場はディズニーリゾートに隣接するヒルトンベイ東京ホテル。

舞浜駅からディズニーリゾートラインで移動しましたが

さすが夏休み、TDRへ行く家族づれの皆さんで混み合ってました。

 

この日は東京校で学び全課程を終了した320名が集合

フィットネスウェアが普段着の私も

着慣れないスーツにめいっぱいオシャレをして参加です。

320名もの修了生がいる中ライセンスは

衛藤信之先生から壇上で1人ひとりに手渡され

各先生方々から心のこもった温かく

それでいて我々の役目を自覚させられる

重みのあるメッセージをいただきました。

講習期間中「先生頑張ってきて」と送り出してくれたクラブメンバーさん、

そのレッスンを代行して下さったインストラクターの皆さん、

新たな学びに理解を持ってこころよく支えてくれた家族。

今日この日を迎えられたのは本当にたくさんの方々に支えられての結果です。 

 

さらに9月からは上級の研究コースに進み

公認の心理カウンセラー資格を目指します。

まだまだたくさんの方にご迷惑をお掛けすることになるかと思います。

日本メンタルヘルス協会の先生をはじめ皆さんにもまたお世話になります。

 

そんな応援をして下さる皆さんに体と心の健康が届けられる

虹の戦士に近づけるよう更に精進してまいります。

 

 

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

気仙沼のオススメ帆布店 縁

  • 2013-08-08(木)03:33
  • 更新日:2013-08-08 03:33

皆さんこんにちは、フィツトネスインストラクターの奥山彰です。

 

ついに届きました~~

先日の気仙沼でお世話になった気仙沼帆布のお店「縁」さんから

世界でたった1つのオーダーバック、奥山専用バックです。

本来センターのデザインはこの帆布ではないのです。

でも大きな震災にあわれた町名が入ったこの帆布

「気仙沼の復興が進み区画整理されていくと、もしかすると

なくなってしまう町名も出てくるかも」

そんなお話を聞いて是非この帆布を使いたいとリクエスト

 

もともとこのバックのための帆布ではないのでサイズが合わず

規制のものなら1枚ですむところを、このバックは前後2枚使っていただいてます。

 

しかもエアロやアクアのレッスンで濡れた物を入れるという事で

裏地に傘などに使う防水の布を(しかもカッコいい迷彩柄で)加工してくださいました。

早速今日のレッスンからこのバックで出勤です。

あ~~鏡ごしに写真を撮ったので文字がさかさまですね。

でも今日は体操教室、アクアビクス、マーシャルとレッスンが3本ありましたが

そのウェアーも全部余裕で入る大容量。

 

うちの奥さんも帆布好きで、縁さんの作品に一目ぼれ

バックやエプロンをお願いし、気仙沼で買ったものと

送っていただいたもの合わせるとこ~~んなに

今回は色々「縁」さんにわがままなお願いをしましたが

こころよくリクエストを全てかなえていただき本当に感謝しております。

とても素敵なバッグをありがとうございました。大切に使わせていただきます。

 

皆さん、その「縁」さんの商品はオンラインショップでも購入できますよ。

詳しくはこちらから ⇒ www.ganbaare.com/

 

でも気仙沼に行かれた方は絶対お店に寄ってみることをオススメします

見れば見るほど あれも! これも! 欲しくなってしまいますよ。

【場所】宮城県気仙沼市岩月宝ヶ沢17番地

【TEL】0226-27-4901

お店の中はこんな雰囲気です

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

私が見て来た 気仙沼

  • 2013-08-02(金)01:34
  • 更新日:2013-08-02 01:34

皆さんこんにちは、フィットネスインストラクターの奥山彰です

 

先日の復興支援イベントでは気仙沼の皆さんに

たくさんの笑顔とエネルギーをいただきました。

 

しかしまだまだ気仙沼の海沿いはこのような状況です。

写真の奥に見えるのは赤岩舘森

本来その手前には気仙沼線の南気仙沼駅があり

その周りには幸町、仲町、弁天町、内の脇といった

街並みが広がっていました。

こちらも被害の大きかった鹿折唐桑駅周辺

西みなと町、中みなと町、東みなと町、

浜町、本浜町、新浜町、錦町があったところです。

 

鹿折唐桑駅前に打ち上げられた船も去年来た時と

同じ場所にそのまま残っていました。

地元の方のお話では 今、市長さんが地元の人達に

船を保存するか?解体するか?アンケートをとっているそうです。

 

たしかにこの日もバスや車(県外のナンバー)でたくさんの方が観にきていました。

その方達が気仙沼で食事をし、買い物をし、宿泊をして下されば

気仙沼経済の活性化と復興のシンボルになります。

 

その一方でこの船を見ると津波のことを思い出してつらくなる

早く船を片付けて町作りをはじめたいという思う方々も。

 

いずれにしても2年以上野ざらしで大分痛みも激しく

保存するにも、解体するにも、相当な金額がかかるそうです。

また鹿折唐桑駅は、線路に草が生い茂ってました。

すでにこの路線の廃線も決定しており、

近いうちに線路の撤去が行われるそうです。

そしてその方が教えてくださった建物の赤い変色

これは被災当日、あそこまで津波が押し寄せ

火災で変色したそうです

少し離れた拓けた場所では地鎮祭が行われてました。

何を作るのか聞いてみると

「近くに高校・中学校があるがその校庭は仮設住宅で子供達の運動場が無く

もともと老人ホームがあったあそこに仮説の校庭を作る」との事

 

そしていずれこの場所は3m盛り土がされ

区画整理がされ、新しい町が建つ予定だそうです。

 

見ただけではわからない地元の苦労や悩みを

話を聴くことで色々教えていただけました。

東北で起きた大きな震災、しかしこれは東北の問題ではなく日本の問題

同じ日本人として自分に何が出来るのか、改めて考えさせられました。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > アーカイブ > 2013年8月のアーカイブ

カレンダー
« 2013 年 8月 »
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
新着DVD
QRコード
サイト管理
フィード

ページの上部に戻る